2010.06.05

【臨時】ガザ支援船第二弾、レイチェル・コリー号拿捕される

ガザ自由船団の第二弾となるレイチェル・コリー号は、ガザに近づきつつあります。イスラエル当局による停泊命令を無視し、航行を続けているとイスラエルのハアレーツ紙は報道。しかし、イスラエル海軍の船が追跡をしている、またはすでに拿捕されたという未確認情報も。衛星通信がイスラエルによって妨害を受けているとのことで、正確な情報が入ってきません。引き続き情報を追います。どうかご注視を。レイチェル・コリー号が無事にガザに着きますように。

追記:自由船団を組織するフリーガザムーブメントのツイッターで、レイチェル・コリー号がイスラエル海軍に拿捕され、イスラエルのアシュドット港に曳航されているとの一報が18時ごろ流れました。乗員は無事な様子。

追記2:フリーガザムーブメントのツイッターより。イスラエル軍はレイチェル・コリー号に乗り込んだことを否定しているとのこと。でも、乗員のビデオを公開すると言っているとか。目撃者によると、船は海岸から見えているという。(どんどん訳がわからなくなっています。正確な事態を把握するのが難しい。時間がかかりそうです)

追記3:レイチェル・コリー号が拿捕されたのは決定的となった模様です(ハアレーツ紙の報道、フリーガザムーブメントの声明による)。ただし、抵抗は当初から言っていたように行わず、負傷者は出ていないとのこと。世界各地の人々が注目するなか、イスラエルはまたしても、ガザへの人道支援を無理やり止めました。なおいっそうの抗議がガザの封鎖を解くために必要です。(19時)

カテゴリー:ニュース | コメント 0 件 

新しい記事へ → 第二回目の拿捕もやはり違法だ

6・6イスラエル大使館行動の呼びかけ@東京 ← 古い記事へ

トップページ

コメント/トラックバック 送信ページへ進む

■ コメント&トラックバック (0 件)

コメント/トラックバック 送信ページへ進む