2010.06.02

[ナブルス通信] 号外・ガザ自由船団へのイスラエルによる攻撃

ナブルス通信の号外が出たので転載。部分的な転送も歓迎します。

**以下、転送・転載を歓迎します**
○○○ナブルス通信 号外 2010.6.2号○○○
Information on Palestine

────────────────────────────────
>◇ガザへの支援船がイスラエルの攻撃を受ける 死傷者数十名

すでにニュースになっていますが、封鎖されたガザへ向けて、支援の 人道物資とボランティア、活動家などを載せた「ガザ自由船団」の 6隻が公海上でイスラエル軍の急襲に遭い、10名ほどが殺され、数十人 が負傷しました。船は積荷と乗員もろとも、拿捕され、イスラエルの 港に曳航され、乗員700名は強制送還や収監の処遇を受けています。

死者数はイスラエル当局発表が9名ですが、正確かどうかわかりません。 現在のところ、死者の氏名の発表もありません。また、収監された 乗員がどれだけいるのかも把握されていません。イスラエル政府は それらの情報を詳らかにしていないのです。

この出来事は世界中から大きな非難を浴び、国連安保理の声明でも 非難が出され、船と乗員の解放、調査が要求されています。 ロシアとEUはガザ封鎖の解除を求めることを発表しました。

現在、遅れて出発した船団の一部、3隻がガザを目指して航行中です。 これらの船には支援物資に加え、アイルランドやマレーシアの人々が 乗船しているとのことです(その中にはノーベル平和賞受賞者の マレード・コリガンさんなどがいます)。しかし、イスラエル政府は また再び、船団のガザ行きを阻止すると発表しています。レイチェル・ コリー号を中心としたこの船団は3〜4日後にガザ沖に到着予定ですが、 何が起きるのかわかりません。

今回のような暴虐を許さないためにも、また、ガザの封鎖を解くため にも今まで以上の国際的なプレッシャーが必要とされています。

*事件の概要(動画あり)
http://palestine-heiwa.org/news/201006011757.htm

他にも多数の情報が以下にアーカイブとして上がっています。
http://palestine-heiwa.org/

────────────────────────────────
>◇イスラエル政府への抗議文サンプル

Dear XXX,

We are writing this letter to express our concern and outrage over Israel's assault on the Freedom Flotilla convoy that was carrying humanitarian aid to the people of Gaza. The assault occurred on the high seas and constitutes a clear breach of international law. Attacking and killing unarmed civilians on the ships using lethal arms is a serious crime and we condemn it in the strongest possible terms.

We demand an immediate investigation into this assault by a fair and independent body. Full reparations should also be provided to the victims.

We also urge you to release the captured ships and all those who were on board immediately and unconditionally. It is the responsibility of Israel and the international community to ensure that those on board have free access to Gaza, and that the humanitarian aid is delivered to Gaza.

Lastly, we demand an immediate end to the blockade of the Gaza Strip. The blockade is a form of collective punishment and is a gross violation of Article 33 of the Fourth Geneva Convention.

Yours sincerely,

署名

(日本語での要旨)
ガザへの人道的支援を運んでいた「自由船団」へのイスラエルの攻撃に強い 怒りを表明する。この攻撃は公海上で引き起こされ、国際法の明らかな違反 である。

死をもたらす武器を使い、船上の非武装の民間人を攻撃、殺害するのは、重 大な犯罪であり、私たちはこれを最大限の言葉で非難する。

私たちはこの攻撃に対する公正で独立した機関による迅速な調査を求める。 また、犠牲者には完全な補償がなされるべきである。

私たちはまた、捕獲された船と乗員全員の迅速かつ無条件での釈放を要請する。 乗船していた者たちが自由にガザにアクセスし、人道支援物資がガザに 届けられることを保証するのは、イスラエルと国際社会の責任である。

最後に私たちはガザの封鎖を即刻終わりにさせることを要求する。封鎖は集 団懲罰の一形態であり、第4ジュネーブ条約33条の完全な違反である。

敬具

(宛先)
イスラエル大使館
[FAX(広報室)] 03-3264-0832 (03-3264-0792)
[TEL(同)] 03-3264-0561
[E-mail(同)] information@tky.mfa.gov.il

イスラエル首相(ネタニヤフ)、国防相(バラク)宛などは
http://palestine-heiwa.org/misc/kougi.html
イスラエルの政策に関する抗議・要望先一覧に。
────────────────────────────────
>◇Information

今回の暴虐に対し、ネット署名もあります。
請願の内容:
諸政府ならびに国際機関への請願
私たちは、船団に対する攻撃について直ちに独立した調査と、責任者によ る十分な説明責任、そしてガザの封鎖解除を求めます。

http://www.avaaz.org/en/gaza_flotilla_1/?vl
────────────────────────────────
>◇お詫び

諸般の事情により、通信もブログもまったく止まっていました。今後も 定期的に出すことは出来ない時期が続くかと思いますが、何かの折りには 出していきたいと思いますので、お許し下さい(ビー)
────────────────────────────────
>◇P-navi info
[ボチボチ更新中。編集者ビーのblog。速報、インフォ、コラム]
http://0000000000.net/p-navi/info/

イスラエル、そこまでやるか?! 自由船団への攻撃
http://0000000000.net/p-navi/info/column/201006011952.htm

「封鎖のなかに生きるパレスチナ人は自由船団へのイスラエルの攻撃に 激怒する 」
http://0000000000.net/p-navi/info/column/201006020030.htm

パレスチナ人権評議会からの声明
http://0000000000.net/p-navi/info/news/201006021524.htm
────────────────────────────────
────────────────────────────────
(編集責任:ナブルス通信 )http://www.onweb.to/palestine/
※転載については、ご相談ください。連絡先は上記に。

カテゴリー:ニュース | コメント 0 件 

新しい記事へ → 「イスラエルが,自由船団に対して虐殺と国際水域での海賊行為を行う」

パレスチナ人権評議会からの声明 ← 古い記事へ

トップページ

コメント/トラックバック 送信ページへ進む

■ コメント&トラックバック (0 件)

コメント/トラックバック 送信ページへ進む