2009.01.13

ガザ攻撃17日目 虐殺は続いている

攻撃17日目、12日(月)のガザでは16人が殺され(途中経過だと思われる)、死者数は900人を突破した。死者909人、負傷者3950人とAPは報じている。子どもの死者は275人になったとAFP。相変わらず誰がどのように殺されているのか、マスメディアの報道ではほとんどわからない。イスラエル軍には予備役が徴集されて、ガザ市の住宅密集地での市街戦をやろうとしているということは伝わってきている。

この10日〜12日で、ポチポチと入ってきた情報を少し書き出してみる。

12日(月)は朝から激しい爆撃がなされ、2人の子どもたち、2人の女性を含んだ10人がガザのあちこちで昼までに殺された。

たとえば、ガザ市近郊のザイトゥーン地区には昼に砲撃が行われて、数軒の家を直撃し、3家族のメンバーが殺された。ガザ北部でも2人の住民が、シーファ病院でも重体だった子どもが死んでいる。(書き出すときりがないので、仕方なくこのへんでやめておこう)。( Ten Palestinians, including two children and two women, killed in on Monday morning より)

わかっているのは、これらは「副次的被害」なんてものじゃなく、明らかに故意に攻撃されているということだ。

10日くらいの出来事だと思われるが、こんなレポートが入っている。

北部のベイト・ハヌーンで、6家族からなるアブ・アムシャ住宅の50人の人びとがイスラエル軍に爆撃するから5分以内に退去せよと命じられ、マットレスや毛布、服、書類、身の回りの品々、写真などをかき集めて、4階建ての住宅から降りてきている最中に、イスラエルのF16戦闘機はそこに爆弾を落とした。27人が負傷し、そのうち4人が重傷、とくに一人は脊髄に破片を受けている。

この住宅の持ち主の息子であるムハンマドさんはなぜ一般市民の家が狙われるのかという質問にこう答えている。

「これがイスラエルのポリシーなんだ。私たちが土地を去るように、家から離れるように、そして占領して自分のものにするための戦略なんだ。ここにはファイターはいなくて、国連の学校の教師を務めてきた80歳の父の家なんだよ」

また、40歳で妊娠9ヶ月のワファさんは、カマル・アドワン病院に向かって、出産のために26歳の妹と道を歩いていた。交差点にさしかかったとき、無人戦闘機からミサイルが発射され、ワファさんの足は吹きとばされた。足は肉片になっていたと目撃した医療クルーは言っている。両足を腿から切断しなければならない状態で、胸も負傷して、ワファさんはシーファ病院にかつぎこまれた。医師たちの賢明な努力で片足はなんとか残すことができ、赤ちゃんも無事に生まれた。( All signs point to systematic targeting of civilians より概要)

このレポートを書いているエヴァさんは、いまや、お茶を飲むことも、屋上で洗濯することも、パンを買いに通りへ出ることも、親戚を尋ねることも、ガザでは「自殺行為」になってしまったと書いている。市民が明らかに狙われているし、2時間で19回の爆撃(11日午前)が行われているようなありさまだからだ。

国連人権理事会は12日の特別会合で、イスラエル軍のガザへの侵攻に対する非難決議を賛成多数で採択した。「決議は子供や女性を含め多数の犠牲者が出ており「イスラエルの軍事行動はパレスチナ人への深刻な人権侵害をもたらしている」と強く非難した。人権理事会は詳細を把握するため、今後ガザに緊急調査団を派遣する。」(日経より) という(ちなみに日本は棄権)。緊急調査団が送られる――それが可能だとして――までに、どれだけの犠牲が出てしまうのだろうか。


「本気でイスラエルがかわいそうだと思うなら」 [モジモジ君の日記。みたいな。]は、このような行いをしてしまうイスラエルと、今のパレスチナの問題に根本的に迫る論考を出してくれている。非常にお薦め。

カテゴリー:ニュース | コメント 4 件 

新しい記事へ → 雑記:今日のTBSの報道はいい事を言っていた

ガザから出てきたばかりの寺畑由美さんのレポート ← 古い記事へ

トップページ

コメント/トラックバック 送信ページへ進む

■ コメント&トラックバック (4 件)

コメント by :

いつも情報をありがとうございます。

そしてガザの内部から、きっと思い描くのさえつらい状況についての情報を送るつづけてくれる人たちの勇気と気力に敬服し、感謝します。
イギリスの新聞なども、もう一面でガザのことを取り扱われることは少なくなってきました。

近郊市のStop the War Coalitionや関係者・組織が、攻撃が終わるまで毎週月曜日に抗議のビジルを行うこと、その他の集会などを計画・組織していますが、多くの外の世界の人にとって、ガザにまだ攻撃が続けられていることが忘れかけられていないか心配です。

トラックバック from:

2009.01.13 (Tue) 07:42

コメント by :なおあん

すみません、上記のコメントの名前が抜けてしまいました。

トラックバック from:

2009.01.13 (Tue) 07:43

イスラエルとパレスチナ

コメント by :

トラックバック from:マハーパリニルヴァーナ BLOG

2009.01.13 (Tue) 22:43

動画

コメント by :Athos

IDFは戦果を誇る様に空爆の模様を自らYOUTUBEにアップロードしています..破壊の程が窺えます。
http://jp.youtube.com/watch?v=rqpoi3mjy6o&fmt=18 <炎の雨..WhitePhosphorus白燐弾の使用が指摘されています。自然発火し、皮膚に付着した場合2500℃の高熱で骨や筋肉を焼き、水を掛けると煮え立つ。
http://jp.youtube.com/watch?v=BleMifM5CPU&fmt=18 <ラファの密輸トンネルを一掃
http://jp.youtube.com/watch?v=RnmSzEpFXpQ&fmt=18 http://jp.youtube.com/watch?v=RaaQ4b83CLo&fmt=18 http://jp.youtube.com/watch?v=AUxAtff6E54 <ガザ市空襲警報
http://www.youtube.com/watch?v=3WWqxO64Krw&hl=en&fs=1&fmt=18 <此方はイスラエル側。ハマスのロケット着弾
http://jp.youtube.com/watch?v=bDT6pwporgc&fmt=18 <地上侵攻

トラックバック from:

2009.01.13 (Tue) 22:43

コメント/トラックバック 送信ページへ進む