2009.01.08

ガザ攻撃12日目 また一家が殺されている

ガザは今、攻撃12日目、7日の夜になっている。マスメディアでは、どんな攻撃が行われ、どう人が傷ついているのかということが、どんどん報じられなくなってきた。今、わかっているのは、死者が700人に達したこと(そのうち200人くらいが子どもだ!)、負傷者は2900人以上で重体となっている人が200人くらいいるということだ。本当のところ、状況がひどすぎて、正確な数がわかりにくくなっているのだと思う。

この7日(水)に入ってきたニュースのなかから、ひとつの断片を。

水曜の夕方、ガザ北部のベイト・ラヒヤでイスラエルの戦車がある家を砲撃した。それにより父親と子ども3人を含んだ家族5人が亡くなっている。この一家の名前は報じられていない。( 12th day under attack: death toll in Gaza reaches 700 より)

それから、国際赤十字が発表したところによると、また新たに救急車が攻撃され、1人が死亡、数人が負傷したということだ。( Red Crescent worker killed as ambulances take fire in Gaza: IFRC

このような惨劇が毎日毎日、いくつもガザでは起こっている(起こしているのはイスラエル軍だが)のだと想像をするしかない。

殺され、傷つけられた子どもたちの固有の生に思いをはせるひとつの文章が翻訳されている: 「死んだパレスチナの子どもにも名前がある」 [sometimes a little hope]。この攻撃を支持する人たちに本当は読んでほしい。


イスラエル軍兵士の死者がいきなり10人かなにかになっていた。どうしたのかと思ったら、自軍兵士がいたガザの建物を自分たちで砲撃してしまったのだとか。それで4人が死んだという。どれだけ無差別に攻撃をしていることか。もうやめようよ、こんなことは。

(今日は疲れてしまっていて、細かく状況をチェックするのができません。もうやめて、またエネルギーを蓄えます)

今日読んだ、価値ある文章へのリンクをいくつか。(たくさん翻訳が出ていて、これはとてもありがたいことです)。

ガザ攻撃続く、死者は700人に迫る ……TBSニュース。動画あり。国内のマスメディアとしては、かなりマシな報道をしている。

「私の両親は生きてこれを見ずにすんで幸運だ」 ……ハアレツのアミラ・ハス記者の記事翻訳。

いま流行の洗練された言語表現が捻出される以前から、私の両親は「ガラリヤにおける平和のための戦争」とか「公共の秩序を乱すもの」といった表現に吐き気を感じていた。「公共の秩序」なるものが「占領」を意味し、「乱すもの」とは「それへの抵抗」だったのだから。秩序というのは、ユダヤ人がその権利を主張するものをパレスチナ人がもつことを妨害することなのだ。

「私たちに残された最後のものを守るために」 ……サファ・ジューデーによるレポートの第3弾。

死んだ人、怪我をした人の数も、私たちが失ったものがどのくらいなのかも把握するのが困難になっている。食べ物や水や暖かさや陽の光といった、生きていくための最低限の必需品が贅沢なものではなかったのがいつのことだったのか、それを思い出すのさえ難しい。今、この時点で機能しているのは、人間としての最低限の本能だけ。愛するものを守りたいという欲求、シェルターを確保したいという欲求、闘う本能、逃げようとする本能。私たちはもう長い間、逃げつづけてきた。ガザは私たちの最後の避難所、今イスラエルと呼ばれているものに取って代わられてしまったのちの、私たちの最後の家だ。

サラ・ロイ「イスラエルのガザでの「勝利」には法外な対価がつく」 ……ガザ研究家のサラ・ロイによる地上侵攻直前に書かれた文章。

2008年11月4日にイスラエル側がハマースとの停戦協定を事実上破って、それ以前にはなかった規模で攻撃をしてきて以来――この事実はいまとなってはガザの大量の死者によって埋まってしまったが――、ハマースが数百発のロケット弾で応酬しイスラエル市民を死傷させるごとに、暴力はエスカレートしてきた。イスラエルの戦略は、ハマースの軍事目標を叩くことであると報道されているが、自分の子どもを埋葬しなければならないパレスチナの友人たちに対してこの現実との違いを説明してほしいものだ。

「ハマスが街に潜んでる?それがどうした?」 ……media debuggerによるメディアの「バグ」を発見、修正するブログより。

まずはタイトルの「ハマス 街に潜む」について。えーと、ハマスは街にいますけど、それが何か?だって、ハマスはパレスチナの人たちが民主的な選挙で選んだ政権だし、それ以前にひとりひとりの人間なんだから、かれらにも街の中に避難する権利がないとは言わせない*1。これが「創価学会員 街に潜む」だったら、翌日には関係者のクビが飛ぶよ?

カテゴリー:ニュース | コメント 3 件 

新しい記事へ → ガザ攻撃13日目 死んだ母親と衰弱したこどもたち

【仙台】11日 「パレスチナーーガザ地区の平和を求める緊急市民集会」 ← 古い記事へ

トップページ

コメント/トラックバック 送信ページへ進む

■ コメント&トラックバック (3 件)

動くっきゃないですね

コメント by :ダルヴィーシュ見習い

連日ファックス、メールはやってますが、
動くっきゃないですね。
止めないと、なんとか。

トラックバック from:

2009.01.08 (Thu) 08:05

ご報告

コメント by :宮崎

YouTubeに投稿しましたので、ご覧いただければ幸いです。

http://jp.youtube.com/user/yonaruzema

トラックバック from:

2009.01.08 (Thu) 21:27

ガザのホロコースト/イスラエルの戦争犯罪を赤十字が暴露!

コメント by :

トラックバック from:米流時評

2009.01.17 (Sat) 07:14

コメント/トラックバック 送信ページへ進む