2009.01.07

ガザ攻撃11日目 こんなことまでするなんて!

6日(火)、ガザ攻撃11日目はそれまでより一層血塗られた日となった。国連(UNRWA)の学校に避難していた人たちがいっぺんに40人以上も殺されたのだ。そもそもガザの住民に「避難」を呼びかけていたのは、イスラエル軍だった。しかし、ガザから出ることのできない住民たちは遠くにいくこともできず、UNRWAの学校へと大勢が避難した。5日にこの移動のことが報道され、UNRWAの担当者も学校を開放し、できるだけのことはするとコメントしている。

その避難先にイスラエル軍からの攻撃が行われたのだ。ジャバリヤ難民キャンプの学校では40人ほどが殺され、子どもの犠牲者が多いという。さらにもう一校、ガザ市の小学校にも攻撃が行われ、こちらでは3人が殺されている。人びとが避難しているところに砲弾を撃ち込むなんて、あまりに残虐で言葉がでない。イスラエルの言う「民間人の犠牲を避ける」なんてどこからでてくるのだろうか。

イスラエルのリヴニ外相はこの攻撃について質問され、「あまりあることではない」と答え、武装グループが民間人のなかに紛れていることを主張している(人口密集地のガザで武装メンバーと民間人が住み分けているなんてできないことだ)。イスラエル軍は学校から攻撃をしかけるパレスチナ武装メンバーの映像を公開したが、それは2007年のものだった。(ロイターより)

この攻撃によって、ガザでの犠牲者はいっきに増加し、殺された者は600人を超えた。時事通信では死者が子ども160人を含む635人、負傷者2900人と報じている。

避難した先に攻撃を行ったのは、今回、これが最初ではない。

6日早朝付のIMEMC Newsは、ガザ市近郊のザイトゥーン地区で、アル・サムーニ家の7人(うち子どもが4人)が砲撃で殺されたことを報じているが、サムーニ家に避難するように命じたのは、イスラエル軍で、そこには最低20人の人が集まっていたという。まさにその場所に攻撃がなされた。

また、葬儀の会場に人が集まっていたときにも攻撃が行われ、4人が殺されている。このような攻撃はガザで数回報告されている。( Israeli offensive continues, over 577 killed and 2,700 wounded より)

「人を集めて、そこに砲弾を落とす」――手早くたくさんの人を殺せる方法だとしか思えない。

「この「戦闘地域」と化した幅10キロ足らず、長さ46キロくらいの狭い場所には、「戦闘員」もいるでしょうが、「非戦闘員」がほとんどです。

そして、「非戦闘員」は12月27日の空爆開始前にガザ地区を脱出する猶予も方法も与えられていないのです。それどころか、食料・水も、薬も医療消耗品も、電力も与えられていない。

これは、虐殺です。Killingなどというぬるい言葉で語れる事態ではありません。Massacreです。」

という tnfuk さんの言葉に私は深く同意する。

6日、ガザはイスラエル軍によって、3つに分断され、南部のハーン・ユニスへの侵攻も始まった。食糧・水・医薬品の欠乏もさらに深刻化している。イスラエルはガザでの犠牲が大きければ大きいほど、国内での満足が得られるのだとしか思えない。

参考地図: ガーディアン紙による攻撃状況を示すガザ地図 (下に赤で示されている「Day11」とかのボタンをクリックすると、その日(攻撃×日目)の大まかな状況が地図に表れます。注目すべきは緑の○で示されるはずの「パレスチナ人からの攻撃」が一度も登場していないことです)。


「ガザの医療機関は危機的状況」というTBSのニュース(動画)は、日本の報道としてはわりにきちんとガザの状況を伝えている内容です。いつまで見られるかわからない(数日で消えてしまう)けれど、リンクを。 ガザの医療機関は危機的状況 (TBS)

カテゴリー:ニュース | コメント 6 件 

新しい記事へ → 明日8日、神戸でのガザまちかどアピール

ガザでの白リン弾の使用 ウニタ紙より ← 古い記事へ

トップページ

コメント/トラックバック 送信ページへ進む

■ コメント&トラックバック (6 件)

ホロコースト

コメント by :ねこ

誰の言葉であったかは定かではありませんが、ユダヤはホロコースト受難によって清められた民族となった・・・とかいう断片を記憶します。
イスラエルが今行っていることは、かつてのナチスとなんら変わらない行為だと思います。殺された人々の数の桁が違うというかもしれないが、行為と結果は同じと思う。ぬぐい去れないであろう彼らの憎悪の深さを思うとき、腐ってはいても平和の日々を送る私は恐怖を覚えます。

トラックバック from:

2009.01.07 (Wed) 14:01

コメント by :

ガーディアンのサイトですがDay12以降にはハマス側からの攻撃が記録されていますよ

トラックバック from:

2009.01.10 (Sat) 20:47

ガザ戦記-8・イスラエルの巨大な棺ガザ

コメント by :

トラックバック from:米流時評

2009.01.17 (Sat) 07:13

ソース紹介していただけますか?

コメント by :早瀬

>イスラエル軍は学校から攻撃をしかけるパレスチナ武装メンバーの映像を公開したが、それは2007年のものだった。(ロイターより)

この記事のソースを見たいのですが、お願いします。

トラックバック from:

2009.01.25 (Sun) 13:09

Re:ソース紹介していただけますか?

コメント by :ビー

>早瀬さん、

ものすごくたくさんの記事を読んでいたので、メモを取っていないんです。先ほど、ロイターの記事を検索しましたが、みつからず。ロイターにしてはあまり書かないようなことを書いているなと思った記憶があるんですが。

他にも英語の記事で同じことを書いているのを読んでいるんですが、やはりあまりにたくさんのものを読んでいて、探すのは無理でした。お役に立てなくて、ごめんなさい。

トラックバック from:

2009.01.26 (Mon) 00:18

早瀬さま

コメント by :ビー

ありました! 別な検索をかけたら、みつかりました。

当該箇所はこんな感じです。

Israeli Foreign Minister Tzipi Livni said: "Unfortunately, (Hamas fighters) are hiding amongst civilians." She added that Israel was trying to avoid civilian casualties.

The army's chief spokesman said: "Hamas and its senior commanders are turning their citizens into bulletproof vests for their personal use." His office released video which it said showed gunmen firing from another U.N. school in Gaza in 2007.

URLは以下のとおり。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idUSTRE5053R720090106

トラックバック from:

2009.01.26 (Mon) 01:51

コメント/トラックバック 送信ページへ進む