2009.01.07

ガザでの白リン弾の使用 ウニタ紙より

共同通信がガザでイスラエル軍が白リン弾を使用している可能性をタイムズ紙から引く形で報じている。

白リン爆弾使用と英紙 イスラエル、ガザ攻撃で

【ロンドン5日共同】英紙タイムズは5日、イスラエル軍がパレスチナ自治区ガザへの攻撃で、高熱で人体を焼く白リン爆弾を使用した可能性があると報じた。

白リン爆弾は煙幕を張る目的などに使用されるが、地上の人間にも深刻な被 害を与えるとされる。非人道的な兵器の使用として、国際的な批判が高まる可能性がある。( 白リン爆弾使用と英紙 イスラエル、ガザ攻撃で より)

このさらに詳しい内容をイタリアのウニタ紙が記事にしていて、その概要を訳して送ってくださった方がいるので、ここに転載させてもらおう。

「イスラエルがガザで白燐弾を使用」(l'Unita' '09.1.5)                    RACHELE GONNELLI

イスラエルは白燐クラスター爆弾*を使用している。これはジュネーヴ条約と1980年の関連国際議定書に基づき、対民間人および人口密集地域での使用を禁止された兵器である。 [*註 クラスター状の白燐弾か?]

その大量使用に関しては、連日ガザ地区からもたらされる各国の主要通信社のルポルタージュに含まれる、さまざまな写真による証拠が存在する。そこには件の爆弾特有の、遠望すると判る花火に似た曳光現象が見られるのだ。

写真を見てその使用を指摘・告発したのは、主にブロガーたちである。世界のウェブ上を駆け巡った告発は、今のところ新聞などにはほとんど取り上げられていないが、「ザ・ガーディアン」やロンドンの「タイムズ」といったイギリス日刊紙の一部のforum(注:読者欄のこと?)で論じられている。

イスラエル側は、爆弾は国際法の範囲内で使用していると弁明。 「タイムズ」紙も、イラク戦争時の例のような、クラスター弾の合法使用範囲について言及している。     しかし3年前のレバノン侵攻時、イスラエルは否定していたクラスター弾などの非合法兵器の使用を後になって認めた、という例に鑑みても、今回の爆撃方法の合法性には大いに疑わしい。

Daily Mailのインタビューに匿名で応じた英国の軍事専門家の何人かは、たとえ「煙幕」としてでも、ガザ地区のような地球上屈指の人口密集地におけるこの爆弾の使用の合法性は、きわめて疑わしいと指摘した。また、これは重大な戦争犯罪に当たると断言している。

「もしも人口の密集した居住地区に対する白燐弾使用が立証されれば、イスラエルは国際司法裁判所に召喚されることもあり得る」。タイムズ紙のインタビューに、英国軍中佐Clarles Heymanはこう述べている。

さらには、ネット上に広まっている、ガザ空爆で死亡した子どもたちの写真がある。多分ハマースに連なるアラブのサイトから流れた、恐ろしい写真だ。亡くなった子どもたちは顔も頭部も真っ黒で、やけどを負ったと見られるが、顔立ちを留め、身体のそれ以外の部分はほとんど無傷だ。レバノン戦の際に見ら れた死体と同様である。

ブログ上では、ガザ地区の医療従事者Jawad Najemの証言が広まっている。何百人もの白燐弾による負傷者に出会ったと言う。「皆、日曜日の患者でした」。Tshalの部隊による地上侵攻の日である。

(後略)

原文: Israele usa le bombe al fosforo a Gaza (曳光を空に残す爆弾の写真あり)

関連記事: ガザ情報4 (パレスチナ情報センター)

もう少し時間をみて、この後の検証を待ちたいが、パレスチナでは内臓を焼きつくす兵器が使われた事実がある。戦争犯罪のファイルはまた増えるのだろうか。


追記:コメント欄にデマだとか、なんとか入っていますが、ウニタ紙の元になった英国各紙の記述を追い、白燐弾の論点をまとめてくれたブログを参照してください: WPについて「ジュネーヴ条約と1980年の関連国際議定書に基づき、対民間人および人口密集地域での使用を禁止された兵器である」と書いているのは、イタリアの新聞ではなく、タイムズなど英メディアです。 [tnfuk]

カテゴリー:ニュース | コメント 10 件 

新しい記事へ → ガザ攻撃11日目 こんなことまでするなんて!

攻撃10日目 攻撃のなかにいる人たちの顔 ← 古い記事へ

トップページ

コメント/トラックバック 送信ページへ進む

■ コメント&トラックバック (10 件)

大変面白い記事ですね

コメント by :nns

ほぉ〜白燐弾とは恐ろしい兵器なようですね^^

ところでGoogleってご存知ですか?

トラックバック from:

2009.01.08 (Thu) 16:33

白燐弾でイタリア紙ウニタが早速デマ報道

コメント by :JSF

4年前のファルージャ白燐弾狂想曲の発信源はイタリア国営放送RAIでしたが、今回のイスラエル軍によるガザでの白燐弾使用に反応しているのは、元イタリア共産党機関紙(経営不振で今は民間の資本が入り民営化)のウニタ紙(l'Unita')でした。

トラックバック from:週刊オブイェクト

2009.01.08 (Thu) 22:57

トラックバック

コメント by :JSF

4年前のファルージャ白燐弾狂想曲の発信源はイタリア国営放送RAIでしたが、今回のイスラエル軍によるガザでの白燐弾使用に反応しているのは、元イタリア共産党機関紙(経営不振で今は民間の資本が入り民営化)のウニタ紙(l'Unita')でした。

トラックバック from:白燐弾でイタリア紙ウニタが早速デマ報道 : 週刊オブイェクト

2009.01.08 (Thu) 23:03

コメント by :nofrills

ひとつのことを語るときに複数の立場が可能である、というのは普遍的な真実です。白燐弾(WP)をめぐる議論は、主に、それが「違法」であるかどうか、という問題として語られていますが、WPに関してはそれが「違法ではない」ということが常にそれは「適法である」ということを意味しない、という点で非常に複雑です。だからこそ「化学兵器ではないか」という論点が提示され、その上で「激論」になったのです。

小ばかにしたようにGoogle検索しろと言ったり、何らかの立場の言説を「デマ」と断定したりする前に、「違法」ないし「適法」の根拠たる化学兵器禁止条約や通常兵器制限条約でWPがどのように位置付けられているか、またアメリカやイスラエルはこれらの条約(含議定書)についてどのように対応しているか(つまりどれについて署名・批准し、どれについてそうではないか)、一通り読んで「激論」の背景をお考えになってみてはいかがでしょうか。それが成されぬところに議論は成立しません。

http://en.wikipedia.org/wiki/Chemical_Weapons_Convention
http://en.wikipedia.org/wiki/Convention_on_Certain_Conventional_Weapons

トラックバック from:

2009.01.09 (Fri) 02:38

英タイムズの報道

コメント by :nofrills

すみません、1件URLを入れ忘れました。
WPについての英国のタイムズの最新の報道です。WPの危険性(危険な使い方)について懸念を抱いているのは「共産党」や「左翼」だけではありません。

January 8, 2009
Gaza victims' burns increase concern over phosphorus
http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/middle_east/article5470047.ece

少し時間が取れたら私のウェブログでエントリにしますので、JSFさんにはそのときにトラックバックします。

ビーさん、場所お借りしました。

トラックバック from:

2009.01.09 (Fri) 02:42

コメント by :nofrills

ビーさん、何度もごめんなさい。脱字修正させてください。
1つ目のコメントで
▲「通常兵器制限条約」
○「特定通常兵器制限条約」

語句の順番を入れ替えたときに、うっかり「特定」を消しちゃっていました。

トラックバック from:

2009.01.09 (Fri) 02:45

コメント by :JSF

>nofrillsさん
>一通り読んで「激論」の背景をお考えになってみてはいかがでしょうか。
>それが成されぬところに議論は成立しません。


私はその手の議論を4年前に潜り抜けています。欧米での議論も目にして来ました。白燐弾騒動については何を今さら、という思いなのですよ。恐らく貴方が知っている事は私も大体知っていると思います。

>何らかの立場の言説を「デマ」と断定したりする前に

デマはデマです。法は新たに改正しない限り、現行法が適用されます。別に私は白燐弾を規制するなと言っているのではありません。議論の末に法を改正し規制されるなら受け入れるという事は、最近のエントリーからも読み取れる筈ですよ。

>WPの危険性(危険な使い方)について懸念を抱いているのは「共産党」や「左翼」だけではありません。

知っています。4年も前から。私が許せないのは、この兵器をまるで大量破壊兵器かなにかのように誇張して喧伝する愚か者の全てに対してです。一番酷かったのは、燃焼発生する煙が猛毒のガスであると嘘を吐いていた例でしょうね。

トラックバック from:

2009.01.09 (Fri) 04:09

コメント by :nofrills

JSFさん、ご無沙汰しています。

> 私はその手の議論を4年前に潜り抜けています。

はい、JSFさんがそうだということは知っています。そのうえで上記のように書いたのは、最初のnnsさんのコメントに対するものというか、P-navi infoさんのこの記事を閲覧しておられる方々に対するものという色が濃いです。読み返してみると、少々書き方が乱暴でしたね。すみません。JSFさん個人へのレスではありませんでした。

あまりP-navi infoさんの場所をお借りするのも申し訳ないので、続きは当方のブログで。
http://nofrills.seesaa.net/article/112357881.html
※URLを取っただけで中身がまだないので、URLが開かない(404エラーか何かになる)と思います。今日の夜までお待ちください。

トラックバック from:

2009.01.09 (Fri) 08:12

「イスラエル軍、ガザ攻撃で「非人道兵器」使用か」

コメント by :まちこ

読売新聞がこんなふうに報道していました。

 【エルサレム=三井美奈】イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザ攻撃で、AP通信は11日、現地住民の証言として、同国軍がイスラエル境界に近いフーザ村で住宅に向けて、「非人道兵器」として国際的に批判されている白リン弾を発射したと報じた。

 病院関係者によると、ガスを吸い込み、やけどを負うなどして女性1人が死亡、100人以上が負傷したという。

(中略:イスラエル軍はその使用を否定しているとのこと)

 白リン弾は、人体に触れると高温を発し、骨を溶かすほど強力に燃え上がる兵器で、多くの人権団体が使用禁止を訴えている。
(2009年1月12日01時17分)

トラックバック from:

2009.01.12 (Mon) 03:20

JSF氏へ

コメント by :通り過がり

>私が許せないのは、この兵器をまるで大量破壊兵器かなにかのように誇張して喧伝する愚か者の全てに対してです。
私が許せないのは、貴方のような他人に挑発的な書き込みをする愚か者の全てに対してです。

トラックバック from:

2009.05.28 (Thu) 03:46

コメント/トラックバック 送信ページへ進む