2008.12.30

新しいナブルス通信:「緊急号2:ガザでの虐殺を止めるために2」

新しいナブルス通信を発行したので、ここに貼りつけておきます。転送可です。(なお1は、30日の対イスラエル大使館行動(東京)のお知らせなので、 アル・ガド の30日の箇所を確認ください)。

○○○ナブルス通信 2008.12.30号○○○
緊急号2:ガザでの虐殺を止めるために2
http://www.onweb.to/palestine/
Information on Palestine
────────────────────────────────
◇ガザの人々に対する虐殺が続いています

最初にガザへのイスラエルによる爆撃の知らせを受けた27日夜、死者130人という数に絶句しました。しかし、チェックを入れるたびに数値は上がり、150、190と増えていき、身体に悪寒が走りました。攻撃3日目となる29日の昼の段階でのガザ医療関係からの発表によると、死者数は325人、負傷者は1500人(うち200人が重体)となっています。1948年以来、短期間で多数のパレスチナ人が殺された記録となる数値です。

こんなニュースも入ってきました。ガザのジャバリヤ難民キャンプに住むバアルーシャ家は、爆撃を受けて全壊し、2歳と4歳の幼児を含む5姉妹全員が殺されました。残りの家族も全員負傷しています。ニュースでは「バアルーシャ家の家族は死体置場か病院のどちらかにいる」と。誰がどこでどのように傷つけられているか、ほとんどわからないなかで、このような悲劇がガザのいたるところで起きています。アル・メザン人権センターでは、「犠牲者のほとんどが民間人だ」という発表を行いました。
(*このバアルーシャ家のニュースは以下に記事翻訳が) http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/News20081230_014614.html

今回の攻撃は1年以上にも及ぶイスラエルによるガザ封鎖にたたみかけるように起こっていることも忘れてはならないでしょう。基本的な食べ物にも、水にも電気にも事欠き、ぎりぎりのところで生きている人たち――重病でまともな手当てを受けられずに死んでいった人たちもいる――が、さらなる攻撃にさらされています。これを許してしまった国際社会の一員であることに、怒りと悔しさを感じています。

先ほど来たニュースでは、ガザの基本的な医薬品は底をついてしまったこと、瓦礫の下にまだ埋もれている人々がいることを伝えていました。犠牲者の数はまだこれからも増えてしまうのでしょうか。それを止めることはできないのでしょうか。イスラエルが地上戦の準備も始め、予備役を召集しているという情報に怯えつつ、この通信を送ります。電気も止まったガザから送られてきた文章を紹介します。この状況ゆえ、情報の重複をお許しください。

────────────────────────────────
>◇「想像を絶する大量の死と破壊」

サファ・ジューデー
エレクトロニック・インティファーダ/Live from Palestine
2008年12月27日

まもなく正午になるという時、最初の爆発音が聞こえた。私は窓に突進した。まだ窓の前に達せず、外の様子も見極められないでいるうちに、第二の爆発が起こり、猛烈な爆風に押し戻された。しばし、何が起こったのかわからなかったが、次の瞬間には、イスラエルが予告していたガザ地区に対する大規模攻撃が始まったのだと思い至った。一昨日、イスラエルのツィピ・リヴニ外相が、エジプトのホスニー・ムバーラク大統領との会談後に述べたことは、口先だけの脅しではなかったということだ。

引き続いて起こったことは、今でも、超現実世界の出来事としか思えない。こんなことは私たちの誰も想像していなかった。すべてがあまりにも短時間のうちに起こった。現場にいた私にとってさえ、この大量の死と破壊は想像を絶している。私は今も事態のまっただなかにいる。最初の攻撃から、すでに数時間が経過した。

ガザ市への空爆で6か所が攻撃された。アメリカのニュース番組ではたぶん、この映像は流されていないだろう。爆撃を受けた場所には死体の山ができていた。映像を見ていると、何人か、まだ生きている若者がいるのがわかった。手を上げる者、頭をもたげる者。でも、彼らもまもなく死んだはずだ。全身が焼けただれ、大半が手足を失っていた。腸がはみ出して垂れ下がっている者もいた。全員がおびただしい血の海に転がっていた。

ガザで最も大きい2つの大学のすぐ近くにある私の家の前で、ミサイルが、学生たち、大勢の若者が集まっている中に撃ち込まれた。学生たちは、標的になりやすいから集団にならないようにと注意されてはいたが、その時は帰宅するためにバスを待っているところだった。7人が死んだ。4人は学生で、3人は近所の子供。レイエス家の少年たちで、とても仲のいい3人だった。

(中略)

今日の空爆で200人を超える人が死んだ。つまり、200以上の葬儀が行なわれるということだ。今日、葬儀が行なわれたのはわずかで、たぶん、大半が明日になるだろう。昨日、この家族たちはみな、食べ物と暖房と電気の心配で頭がいっぱいだった。でも、と私は思う。この人たちも(実際には私たち全員が)、こんなことが起こるのを絶対に阻止できていたというのなら、この数か月間、私たちが必死に求めつづけてきた本当に基本的な生活物資の供給をハマースがやめたとしても、喜んで受け入れていたはずだ。

爆撃は私の家のすぐ近くで起こった。私の一族の大半がこのエリアで暮らしている。私の家族は無事だったが、叔父たちの家が2軒、損傷を受けた。

今日は静かに休めるだろう。ガザ市民は今夜、死んだ者たちを追悼することができるだろう。イスラエルは、当座、これ以上の空爆は行なわないと約束したそうだから。だが、誰もが、標的を定めた次の殺戮のステップがやってくると考えている。これが意味するのは、すでに完全に封鎖されたガザで暮らす宿命を強いられている罪のない一般市民が、さらに大勢巻き込まれるということなのだ。

***

サファ・ジューデーは、アメリカのストーニー・ブルック大学で学び、修士論文提出資格を得た。2007年9月にガザに戻り、現在はフリージャーナリストとして活動している。

翻訳:山田和子

全文は以下に:
http://palestine-heiwa.org/news/200812290045.htm

原文:"The amount of death and destruction is inconceivable"
Safa Joudeh writing from the occupied Gaza Strip, Live from Palestine, 27 December 2008
http://electronicintifada.net/v2/article10059.shtml

────────────────────────────────
>◇ガザで破壊されている場所

ガザ・アル=アズハル大のアブデルワーヘド教授が27日から世界に向けてガザの様子を少しずつメールで発信しています。そのメール10を翻訳者・岡真理さんのコメント付きで転載します。

「イスラエルの攻撃目標がこうして列挙されると、社会が社会として成り立つためのソフトウェアの部分を狙い撃ちしていることが分かります。イスラエルの総選挙をにらんでの、内政の延長線上にある戦争、という専門家の指摘はそのとおりなのかもしれませんが、その戦争にかこつけて、イスラエルが何をなぜ破壊しようとしているのか、まで深く考えるべきだと思います。 以下のレポートはその示唆を与えてくれるように思います。(岡)」

「ガザより10 攻撃さらに」(29日付)

昨晩、ガザ市内だけで20ヶ所が空襲された。爆撃について私が知るかぎりのことをお伝えする。

1.自宅近所に3回目の攻撃。元公安局。うちミサイル1基が不発のまま、自宅アパートのあるビルの正面、救急ステーションから数メートルのところ、に落ちる。
2.ガザのイスラーム大学の主要校舎二つが粉々に。建物の一つは実験室棟、もう一つは講義棟。いずれも地上4階、地下1階建て。
3.ビーチ難民キャンプ、イスマーイール・ハニーエ氏の住まいの隣家が空と海から同時攻撃され崩壊。
4.モスク2つが空襲され粉々に。中にいた10人が死亡、うち5人はアンワル・バルーシャ氏の娘たち。自宅が危険なのでモスクに避難していたのだろう。これで、破壊されたモスクは計6つに。
5.内務省のパスポート局の建物も今朝、破壊された。
6.文化省のビルも今朝、こなごなに。
7.首相執務室のビルも空襲され完全に破壊。
8.民事行政の主要ビルも完全破壊。
9.地元メディアが報道していないため私が把握できていない複数ヶ所に何度かの攻撃が実行されている。夜間、ヘリコプターが複数回にわたり攻撃するのを目撃。
10.ジャバリーヤ青年スポーツセンター(UNRWAの施設)が、空から直撃された。

11.サライヤ政府センター近くの空き家が空襲され破壊。
12.ゼイトゥーン地区で移動中の車体が攻撃され破壊、男性2人、子ども1人が死亡。

13.下校途中の高校生の姉妹2人が、空爆を受け死亡。
14.いつかの警察署が再度、攻撃される。
15.イスラエルはジャーナリストおよび記者に対し自宅もしくはオフィスにとどまること、従わない場合は攻撃目標にすると公式に伝達。ガザで起きていることをメディアに報道させないためだ。
16.病院二つが標的に。ファタ病院はまだできたばかりで操業していなかったが、空から攻撃された。もう一つのほうは小さな個人経営の病院。テル・エル=ハワーのアル=ウィアム病院も標的にされた。
17.ベイト・ハヌーンの庁舎も昨晩、破壊された。
18.ラファの自治体のビルも昨晩、破壊された。
19.ラファの庁舎も昨晩、標的にされた。
20.ラファのハシャシュ地区が昨晩、二度にわたり攻撃された。いずれもミサイル2基によるもの。2回目の着弾で周囲15軒の家々が破壊される。
21.ゼイトゥーン地区のグランドにミサイル一基、着弾。
22.ラファ国境地帯にある40個のトンネルに対し空から攻撃、トンネルすべてを破壊。
23.ビーチ難民キャンプの警察署、完全に破壊。
24.旧エジプト・ガザ総督の邸宅も空と海からミサイル攻撃を受け完全に破壊。

続報
ガザの負傷者のための民間協会が破壊された。ガザとハーン・ユーヌスにあるアル=ファラフ慈善協会の二つの建物も破壊された。

続報2
数分前、ウンマ大学の新しい小さな校舎が1棟、攻撃を受け、破壊された。

***

アブデルワーヘド教授から届いているメール10通は以下で読むことができます。

ガザからの緊急メール 1
http://0000000000.net/p-navi/info/news/200812281315.htm

ガザからの緊急メール 2
http://0000000000.net/p-navi/info/news/200812300054.htm

────────────────────────────────
>◇この虐殺に対し、声をあげてください

もっともシンプルな文面は爆撃をやめろ、殺すなという以下のようなものです。

Dear sir,

Please stop the bombing on Gaza.
Please stop the killing.

Yours sincerely,
名前をローマ字で(Junichi Abeなど)
おすまい(Kyoto,Japanなど)

**
宛先は以下に。
http://palestine-heiwa.org/misc/kougi.html

ただし、国防相はEhud Barak にさし替えてください。(ここを間違えていたので、訂正しました)
e-mailよりファックスや手紙のほうが効果がありますが、時間がないときはメールでも。 ────────────────────────────────
>◇ガザの封鎖解除を!(署名)

「パレスチナ子どものキャンペーン」がネット上で、ガザ封鎖の解除を求める署名を行っています。ぜひ!
http://www.shomei.tv/project-433.html

参考:<08.12.29>ガザからの悲痛な訴え
http://chikyuza.net/modules/news1/article.php?storyid=519
────────────────────────────────
>◇参考になる情報

1 英国メディアでの報道

ガーディアン紙より

「イスラエルとその支持者は、今日のガザ攻撃がつりあいの取れたものだと主張することは、まずできない。彼らが殺人者でないと主張することもできない。ロケット攻撃への報復を警告したときに、オルメルト首相本人の口から、「数万の子供たちや無辜の市民たち」がハマスの行動によって危険にさらされるだろうという言葉が出たのだ。」

全文: http://nofrills.seesaa.net/article/111879807.html

ブログ「tnfuk」には英国メディアからの紹介が多く書かれています。
http://nofrills.seesaa.net/

2 中東メディアでの報道

「日本語で読む中東メディア」
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/news_j.html

「イスラエルのガザ攻撃」を特集したコーナーで中東メディアでの報道が読めます。

────────────────────────────────
>◇P-navi info 
[ボチボチ更新中。編集者ビーのblog。速報、インフォ、コラム]
http://0000000000.net/p-navi/info/

数日、家を離れるので通信をまたすぐ出すことはできません。このブログ のほうには、なんとか新しい情報を出すようにしたいと思っています。 毎日でなくてもそう日を開けずに……。トライしてみます。 ────────────────────────────────

(編集責任:ナブルス通信 ) http://www.onweb.to/palestine/

カテゴリー:ニュース | コメント 2 件 

新しい記事へ → イスラエル政府に言いたいこと

ガザからの緊急メール 2 ← 古い記事へ

トップページ

コメント/トラックバック 送信ページへ進む

■ コメント&トラックバック (2 件)

日本人のパレスチナ問題への意識

コメント by :No name

ネットでも現実でも、イスラエルへの無条件の擁護が多くて驚きました
大まかにパレスチナ問題を知るだけでそんな考え方にはならないと思うのですが
中東情勢を説明しても、テロリストに同情してる世間知らず扱いされますね
日本ではイスラエルを擁護する理由も見つからないし、理由が全く分かりません

「パレスチナが黙っていれば戦争は終わるのに」とか「でもハマスが悪いんでしょ?」
なんて片付けてイスラエルのへの非難は差別主義者やナチス信奉者みたいに言われてしまいます

かなり大きな事件のはずなのに、メディアでもロクに報道されないし
残虐で自己中心的で理不尽な行為が何の問題にもならないというのは
なんだか、すごくシュールな感じがして気味が悪いです

視聴者の興味が薄く解説の難しい問題だからということは分かるのですが・・・

日本のこの親イスラエル世論の形成は一体何が関係しているんでしょうか?
これによって起こる日本のマスコミの利害が想像できないので分かりません・・・

トラックバック from:

2008.12.30 (Tue) 08:16

No nameさんへ

コメント by :ビー

おっしゃっていること、とてもよくわかります。

簡単には説明できないことなのですが、マスコミの論調は、大雑把に言うと、米国などの方向性に完全に引きずられていると思います。それが無難で、なにか「客観性」があるような錯覚にとらわれているのでしょう。

それと、この爆撃で失われている命への思いにまったく欠けていますよね。「テロリスト」などのレッテルをはり、それだけで片付けてしまっているのだと思います。

次の投稿にそれに対するレスにもなりうる文章をあげます。簡単ながら、こんなところで。

トラックバック from:

2008.12.31 (Wed) 00:27

コメント/トラックバック 送信ページへ進む