2009.01.01

ガザ地区即時停戦を世界の指導者に呼びかける国際署名

フランス政府がイスラエルに提案していた48時間停戦すらも、イスラエル政府が拒否したことが伝わってきている。日本では31日が終わり、新年を迎えたが、ガザは攻撃5日目の夕方を迎えている。31日昼にパレスチナ保健省が発表した犠牲者は、死者390人、負傷者1884人となり、そのうち300人が重体となっている。

イスラエルからの爆撃は30日の夜、31日の明け方に行われ、救急車スタッフもターゲットにされた。31日の明け方、ガザ市内の路上で負傷者の救護に当たっていた医師と救急クルーの2人は、イスラエルの無人戦闘機から直接爆撃されて殺された。また、病院の酸素プラントも爆撃されているとのこと。

即時停戦を世界の指導者によびかけようと行われている国際署名をどすのメッキーさんが紹介してくださったので、それを転載します。(転送・転載可とのこと)ぜひ、広め、署名してください。(「暴力の連鎖」とか文面は私は完全に支持できるものじゃないのですが)。

**以下、転載部分**

ガザ地区へのイスラエル軍の攻撃で既に370人を超える市民が犠牲になり、 更に地上軍の侵攻も計画されています。しかし、欧米各国の首脳は、イスラエル の攻撃を過剰反応としながらも、今回の問題の責任は、第一義的には最初にロケ ット弾攻撃を行ったハマスにあるとし、積極的な介入を行っておらず、国連安保 理も方向性を集約できない状態です。

仮にハマスに責任を求めるとしても、370人以上の人が犠牲になっており、 寒さの中、更に尊い人命が失われようとしている状態で、緊急対策も行わないで 責任論に終始していることは許されません。

インターネットで活動を続けるAVAAZが、即時停戦を求める緊急署名を開 始しました。

↓ ↓ 署名サイト ↓ ↓
http://www.avaaz.org/en/gaza_time_for_peace/?cl=161793181&v=2606

目標25万人で、日本時間31日の8時40分現在やっと12万名に到達した ところです。英語サイトですが、署名はとても簡単です。是非ご協力下さい!

**********************************************

【GAZA: STOP THE BLOODSHED, TIME FOR PEACE】
ガザ:流血を止め、平和の調停を
http://www.avaaz.org/en/gaza_time_for_peace/?cl=161793181&v=2606

南イスラエルで、既に370人を超える市民が殺され、今も砲弾が浴びせられ 続けています。パレスチナ紛争で繰り返される暴力の連鎖を終わらせるよう、世 界の指導者に要求すべき時です。

ガザ地区での即時停戦、そして2009年イスラエルとパレスチナの間に平和 が構築されることを求める、以下の請願に署名をお願いします。

(以下請願文)

国連安全保障理事会、ヨーロッパ連合、アラブ連盟、およびアメリカ合衆国に 対する請願:

ガザ地区における包括的な停戦を実現し、双方の民間人を護り、人道的な危機 がこれ以上深刻にならないよう直ちに行動するよう要求します。活発な国際的行 動と監視があれば、流血は止まり、ガザの通行が平和に再開され、2009年包 括的な平和への真の取組がつくられるでしょう。

(仮訳 どすのメッキー 31/12/2008)

**********************************************

*署名方法*

「1.Sign the petition」の下の欄、「First time here? Please fill out the form below.」でName(名前、ローマ字)、Email(メールアドレス)を入力 し、Country(国)でJapan(日本)を選択して「SEND」ボタンをクリックす るだけで完了します。Cell/Mobile(携帯電話番号)、Postcode(郵便番号)は 省略しても大丈夫です。

署名サイトを運営しているAvaaz.orgは、国際市民団体 Res Publica と、イン ターネットでの市民運動の先駆者である米国の Moveon.org により共同設立され たネット運動体で、世界の様々な団体と連携して、英語等ヨーロッパ系言語のほ か、日本語、中国語、ウルドゥー語、トルコ語、ネパール語、ダリー語(イラ ク)等、数多くの言語で、政治を市民の手に取り戻す呼びかけを行っています。 Moveon は、911直後から日本でも紹介されていますので、思い出される方も 多いのではないでしょうか。

画面右上の「日本語」タグをクリックすると食糧危機に対する行動や、ミャン マーのデモ隊を支援する呼びかけなどが日本語で紹介されていますが、ガザの件 は邦訳がまだ見つかりませんでした。いずれアップされると思いますが、事が緊 急ですので、今は英語サイトから署名をお願いします。

どすのメッキー拝

**転載ここまで**

カテゴリー:インフォメーション | コメント 7 件 

新しい記事へ → 今回のガザ虐殺を考えるための、いくつかの基本文書

慣れないコンピュータに悪戦苦闘(愚痴) ← 古い記事へ

トップページ

コメント/トラックバック 送信ページへ進む

■ コメント&トラックバック (7 件)

ビーさん、お久しぶりです。1

コメント by :宮崎

さっそくですが、私は署名しません。できません。効果に疑問なのは置くとして、呼び掛け文の事実認識が誤っているからです。
「停戦」の事例だけをとってみても、イスラエルが破ったのは明白です。

 6人のパレスチナ人を11月5日に襲撃して殺しています。停戦期間中は計22人の人殺し(西岸を含むと49人。なお7人の子供を含みます)。
 http://www.maannews.net/en/index.php?opr=ShowDetails&ID=33024
 http://www.pchrgaza.org/files/PressR/English/2008/102-2008.html
 http://www.palestine-info.co.uk/en/default.aspx?xyz=U6Qq7k%2bcOd87MDI46m9rUxJEpMO%2bi1s79jrX1yPM16yJXBBxy0JIrjneE9kyV1%2fNAzB8jFiWU9ID377o6iA4TxQO%2bDfp3Br0l%2bZYmtbLLMofRIGiPZOVRJLENvbs7FgFULdgrJ1azLg%3d

またサイトものぞいてきましたが、その他にもいろいろと疑問が湧いてきましたので、やはりパスですね。

トラックバック from:

2009.01.01 (Thu) 18:59

ビーさん、お久しぶりです。2

コメント by :宮崎

ウィキペディアの英語版でこの団体を調べてみましたが、このたびの件の批判的な記述があります・・・が、いま見ると消されてました(笑)。

Avaaz and the Middle East
When it comes to the Israeli-Palestinian conflict, Avaaz seems to present inaccurate information about the current (Dec. 2008) Israeli attacks on Gaza. They have prepared a petition and are distributing it to be signed by thousands of people. It is unfortunate that the petition is deliberately edited so that it doesn't show the savage Israeli attacks on Gaza, instead they only mention rocket attacks into Israel (these attacks didn't even cost 4 injured Israelis). The petition completely hides the savage attacks on Gaza that killed hundreds of Palestinian (400 so far) including a hundred of kids and their moms.


当初ビーさんが感じた疑義をそのまま大事になさってはどうですか。

トラックバック from:

2009.01.01 (Thu) 19:00

ビーさん、お久しぶりです。3

コメント by :宮崎

以下はお時間があればご覧になってください。

http://frum.nationalreview.com/post/?q=Y2NmODk3MDFkMzlkZjkwNTdlOWNiMjUyYzhmNzUxNDY=
http://www.philipweiss.org/mondoweiss/2008/12/david-frum-says-palestinian-children-are-pretending-to-be-injured-for-photographers.html
http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/middle_east/article5420868.ece
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3648421,00.html
http://www.consortiumnews.com/2008/123008.html
http://www.zmag.org/znet/viewArticle/20081
http://www.ifj.org/en/articles/ifj-condemns-killing-of-photographer-as-media-face-new-risks-in-gaza
http://www.informationclearinghouse.info/article21574.htm


被害状況のの写真など
http://ingaza.wordpress.com/2008/12/28/widespread-attacks-on-gaza-leave-at-least-227-dead-hundreds-seriously-injured/
http://ingaza.wordpress.com/2008/12/28/shifa-icu-a-glimpse-of-hospital-critical-injuries/
http://desertpeace.wordpress.com/2008/12/28/photos-of-the-chanukah-massacre/
http://desertpeace.wordpress.com/

トラックバック from:

2009.01.01 (Thu) 19:00

あらら

コメント by :宮崎

最後、「の」が余計でした(笑)。

トラックバック from:

2009.01.01 (Thu) 19:02

ガザの人々を救うために・・・

コメント by :ぴよちゃん

どっちがどうのこうの、そんなこと言っている間にも人々がイスラエルの攻撃によって殺されています。

いまは一刻も早く攻撃を止めさせなければなりません。
私たちができることと言えば、署名することしかないのです。
そしてこの事をひとりでも多くの人々に伝えていくことです。

署名の有効性や呼びかけ文の事実認識の間違いなど言ってても仕方ないです。
助けたいのか助けたくないのか! それだけです。

ガザの人々を救うことが最優先なのですから。できることならば何でもするべきです。

トラックバック from:

2009.01.01 (Thu) 20:27

反省など 宮崎さんとびよちゃんさんへ

コメント by :ビー

まだ家を離れているので、満足なレスが書けないのですが、少しだけ。

宮崎さん、コメントをありがとうございました。お書きのとおり、(私にとっては)満足のいく内容のものではありませんでした。それなのに、「ぜひ署名してください」と書いたことを反省しています。

私自身は躊躇のすえ、署名をしました。けれど、宮崎さんの情報を見て、ひとりひとりが自分で判断し、署名するか、しないか決めてくださればよいと思っています。(リンクのほうは今は読めないので、また家に戻ったら見てみます)。

びよちゃんさん、ガザのことにいてもたってもいられない気持ちなのは私も同じです。しかし、二択にしてしまうのは、よくないと思います。方法はいくらかあり、署名もたったひとつではないので(ほかにもありますし、自分でオンライン署名を始めることもできます)、きちんと納得できるものにだけ、署名することもまた大事だと思います。もちろん、いくつかのことに目をつぶり、これに署名するのもアリだと思います。

緊急であり、焦りもありますが、深呼吸して、考えながら行動して行きたいと私は思っています。私の基本姿勢は「イスラエル政府に言いたいこと」のエントリに出ています。

トラックバック from:

2009.01.01 (Thu) 23:23

イスラエル大使館への申し入れ書+私たちに何ができるか

コメント by :tu-ta

できること、いろいろ考えたいです。

トラックバック from:今日、考えたこと

2009.01.04 (Sun) 04:54

コメント/トラックバック 送信ページへ進む