2007.06.07

[京都]映画『踊れ、グローズヌイ!』上映

見たいと思っていたチェチェンのドキュメンタリー『踊れ、グローズヌイ!』が京都でも上映されるというので、お知らせ。パレスチナに興味のある人にも見て欲しいと思います。共通するようなところもたくさんあるので。

草むらで楽器を弾くシーンの写真

***以下、転送・転載歓迎***

『踊れ、グローズヌイ!』 京都初上映 6月17日(日)

2001年、ロシア占領下のチェチェンから
子どもたちの民族舞踏団がやって来た
熱狂のヨーロッパ公演と
瓦礫の故郷での練習風景を追う
パワフルなドキュメンタリー

日時:2007年6月17日(日) 15:00〜上映

場所:京都大学文学部 新館第一講義室 (出町柳駅より徒歩15分、吉田キャンパス内)
http://www.kyoto-u.ac.jp/access/kmap/map6r_y.htm

資料代:一般500円、学生・低所得者300円(相談に応じます)
主催:さぼてん企画
協力:アムネスティ・インターナショナル日本、チェチェンニュース
作品提供:社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
問い合わせ:Tel: 080-6208-3488 (さぼてん企画)
/メール:saboten1948[atmark*]mail.goo.ne.jp
([atmark*]に半角の@をお入れください)

*****

ドキュメンタリー映画 『踊れ、グローズヌイ!』

第1回シカゴ国際ドキュメンタリー映画祭グランプリ(2003年)
コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭CPH:DOX:2003大賞
トリノ・シネマビエンナーレ最優秀作品賞
モントリオール「芸術」映画祭最優秀作品賞

ヨス・デ・プッター監督 2002年作品 75分

*****

あらすじ

ロシア占領下のチェチェン共和国。首都グローズヌィにあって、チェチェン民族舞踊の名手、ラムザン・アフマードフは、戦火に追われて、散り散りになった子ども達を集めて、自らの児童民族舞踊団「ダイモーク(我が祖国の意)」を再組織した。そして、夏休みに一台のバスに全員が乗り込んで、西欧諸国への資金稼ぎを兼ねた公演旅行にでる。公演にはもう一つ、「チェチェン人はテロリストではなく、普通の人間だ」ということを西側の人びとに伝える目的もあった・・・。

このドキュメンタリーは、グローズヌイでの緊張した廃墟の中での暮らしと、公演旅行中の華やかな舞台シーンを交錯させながら、いかなる逆境が訪れようとも、絶望することなく、生き続けようとする「屈せざる民族」の気概を伝統的な民族舞踊に託して描き上げた。

[映画レビュー] 「華やかな舞台と音楽、それとは対照的な戦争で荒廃したチェチェンの風景、子どもたちのクローズアップが織り成す映像を見ていると、少数民族の苦難と人間性が伝わってくる」

(林克明さん、ジャーナリスト。以下より抜粋)
http://www.actiblog.com/hayashi/34143

*****

監督のヨス・デ・プッターは、1959年生まれのオランダ人。「オランダの光」のピーター・リム・デ・クローンと並ぶ世界的に知られたオランダを代表する記録映像作家。

[アムネスティ・インターナショナル日本より]
数々の賞を受賞した本作品は、残念ながら日本で公開される機会がこれまでなかった。しかし、チェチェン紛争下における人権問題を告発したり、難民となった人びとを支援したりする市民グループがその評判を聞き、わずかながら紹介する機会を作ってきた。日本語字幕がないため、英語の字幕での上映で、さらに日本語の吹き替えをその場で行うというやり方での上映だった。それでも本作品は、観た人びとの心に強烈な印象を残した。

今回、アムネスティ・インターナショナル日本が1月27、28日のアムネスティ・フィルム・フェスティバルを開催するにあたり、本作品に日本語字幕をつけ、公開することとなった。

民族衣装をつけた少女のアップ写真

トップページインデックス | 関連カテゴリー インフォメーション

■ コメント&トラックバック (4 件)

大阪でも

コメント by :石黒

http://d.hatena.ne.jp/ootomi/20070418/1176870879
上映会があるようですね。どちらか都合をつけて観に行きたいと思います。

トラックバック from:

2007.05.23 (Wed) 00:33

うっかりしてました

コメント by :ビー

>石黒さん、

大阪での上映のことをありがとうございました。情報を付け足そうと思っていて、忘れていました。ぜひ、どちらかでご覧になってみてください。とても良いものらしいので、私も楽しみにしています。

トラックバック from:

2007.05.23 (Wed) 17:50

こういう映画を観てみたい

コメント by :大熊


全国の映画館でも、全都道府県につき一ヶ所とはいわないまでも、ある程度の主要都市でポツポツ上映してほしいなーと思います。

だって、大阪や京都は遠いよ〜。(T_T)
地方の映画館で上映されるのは、例えば「スパイダーマン・3」とか「パイレーツ・オブ・カリビアン」とか、超有名なようなのが多いです。

あ、でも、京都初上映ということは、東京などでは既に終わっているのでしょうか。

トラックバック from:

2007.05.30 (Wed) 23:15

Re: こういう映画を観てみたい

コメント by :ビー

>大熊さん、

この映画は自主上映なので、すでに東京では2回は上映されていて、ぽつぽつとあちこちで上映が行われています。

とても借りやすいので、自分で企画するのもそんなに難しくないですよ。アムネスティのサイト
http://www.amnesty.or.jp/
から、映画コレクションのところに行き、イベントというのを見てみてください。

トラックバック from:

2007.05.31 (Thu) 01:24