2006.04.05

映画『ガーダ パレスチナの詩』先行公開&監督トーク

とうとう日本女性監督で初めてのパレスチナ映画が公開される。というだけなら、べつに力もいれないが、これは世界でもほとんど届けられたことのないガザの女性たちの姿を撮ったドキュメンタリーで、多くの人たちが新しいパレスチナ人を発見する映像だと私は思っている。(また、後日、きちんとした紹介文を書きます)

追加4.7
公式サイトが出来たとのことです!:『ガーダ/パレスチナの詩』 http://blog.ghada.jp/ (ところどころ工事中。ガーダ・ブログもある)

「『ガーダ/パレスチナの詩』は、ジャーナリスト、古居みずえが単身パレスチナに渡り、一人の女性ガーダを12年間記録し、500時間に及ぶ映像を106分に編集した渾身のドキュメンタリーです。これは女性の視点から女性を描く唯一とも言えるパレスチナのドキュメントでもあり、現在殆ど報道されていないパレスチナの過酷な現状を映像を通してより多くの一般人に伝えることが出来る作品でもあります。」(アップリンクのサイトより)

ガーダのひとこまより映像
地中海を後ろにする主人公ガーダ

その先行公開と監督トークが4月15日に渋谷で行われる! (首都圏の人はラッキーだなぁ。でも、関西でも5月から上映される)

詳しいことは 『ガーダ パレスチナの詩』公開記念トークライブ (アップリンク)にて。(22日には綿井健陽さんの『「Little Birds −イラク 戦火の家族たち−」』も。

料金はトークなどもついて2000円だが、事前に申し込むとブロガー割引(1500円)というのもあるらしい。

また、5月に入ると渋谷のアップリンクで「パレスチナ映画祭」も行われる。 『ルート181』 の再上映もある!豪華ラインナップだ。

こちらは パレスチナ映画祭 に詳細情報。

■ 『夢と恐怖のはざまで』
上映日:5/1(月)20:00|5/5(金)18:30

■ 『シャティーラキャンプの子供たち』
上映日:5/3(水)18:30|5/5(金)20:00

■ 『ルート181』上映日5/4(木)18:30

■ 『デブリ』*『モーゼからの権利証書』とセット上映
上映日:5/1(月)18:30|5/3(水)20:00

■ 『モーゼからの権利証書』
上映日:5/1(月)18:30|5/3(水)20:00

■ 『ニュースタイム』
上映日:5/1(月)17:00|5/2(火)13:30

■ 『プロミス』
上映日:5/1(月)15:00|5/3(水)11:30

見逃しているものがある方はぜひこの機会に。

トップページインデックス | 関連カテゴリー インフォメーション

■ コメント&トラックバック (1 件)

映画 「夢と恐怖のはざまで」

コメント by :

またもや、映画ネタ。アップリンクの「パレスチナ映画祭」へさかぐと行く。GWなのに、渋谷で映画。なんと、まぁ満員じゃぁ〜。
パレスチナ映画祭アップリンクが引っ越してから初めて行ったのだが、東急本店(渋谷)の角を曲がった、なかなか至便な場所。併設されたレストランもクスクス料理やら、美味しそう〜!

で、映画だが。
難民キャンプの少女ふたりの交流を描いたドキュメント。
石ころを投げて攻撃(?)する若者たちや少年に銃を向け、発砲するイスラエル軍。負傷者。少年の死。

「...

トラックバック from:void chicken DAYS

2006.05.28 (Sun) 15:43