2010.06.01

イスラエル、そこまでやるか?! 自由船団への攻撃

いろいろあってここを書くことができなかったけれど、今回の出来事について黙っていることができない。封鎖されたガザへの支援物資を運んでいた船団がイスラエル軍に襲われ、人が殺され、傷つけられ、船ごと拉致されたという事件。

(これまでの概要は 「イスラエルによる公海上での海賊行為、虐殺ーー自由船団への攻撃」 に)。

見逃されがちだけれど、今回の攻撃は公海上で 起きたといういうことを忘れないようにしたい。

公海上である以上、イスラエルがいくら船団を「国にとっての脅威」だったと言い張っても、ただ航海している船を襲撃するのは明らかな国際法違反だ。国際法違反を積み重ねているイスラエルにいくら言っても仕方がないようだけれども、この違反という出発点は強調しておいていいと思う。

殺害などはもってのほかで、それ以前に、イスラエル兵士は船にむりやり乗り込むことすら違法行為なのだ。もちろん、元を辿れば、ガザを封鎖することだって国際法違反なのだが。

だから、船団を拿捕し、乗員をイスラエルの港に連れていき、尋問し、強制送還や収監をすることもすべて違法だ。その意味でアイルランドが身柄拘束された乗員の自国民を「拉致 kidnapped」されたと表現しているのは理にかなっている。

(今のところ、イスラエルは自由船団サイドの弁護士を「拘束」された人たちに接見させていないという)。

国連安保理の出した声明で、乗員と船舶の解放を求めているのは、しごく真っ当だといえる。人々が解放され、自由にガザに行き、支援物資もガザに到着することがここでは目指されなけばならないと思う。それだけの圧力を国際社会はかけることができるのか。殺された人たちの命と想いにかけて、もっと圧力を高めることが今できることだろうと思う。一通の抗議文でもイスラエル政府へ!

カテゴリー:コラム | コメント 3 件 

新しい記事へ → 「封鎖のなかに生きるパレスチナ人は自由船団へのイスラエルの攻撃に激怒する 」

非暴力デモでひとりが殺された@ビリーン村 ← 古い記事へ

トップページ

コメント/トラックバック 送信ページへ進む

■ コメント&トラックバック (3 件)

ちょいと気になりました

コメント by :

公海上ならば違法はありえないのでは?

トラックバック from:

2010.06.02 (Wed) 00:12

リンク張りました

コメント by :ヒデヨヴィッチ上杉

ごぶさたしてます。今回の事、さすがに黙ってられません。ブログにリンク張らせていただきました。
http://blog.livedoor.jp/hideyo327/archives/52027714.html

トラックバック from:

2010.06.02 (Wed) 02:01

上の上のコメントの人へ

コメント by :ちかこ

Was Israel's raid on Gaza Freedom Flotilla legal?
ガザ支援船の事件に関して、海洋法の専門家らの意見をまとめたクリスチャン・サイエンス・モニター紙の記事。

http://www.csmonitor.com/World/Middle-East/2010/0602/Was-Israel-s-raid-on-Gaza-Freedom-Flotilla-legal?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+feeds%2Ftop+%28Christian+Science+Monitor+|+Top+Stories%29&utm_content=Google+Reader

長すぎるので、こちらからどうぞ。
http://is.gd/czDvZ

トラックバック from:

2010.06.02 (Wed) 23:15

コメント/トラックバック 送信ページへ進む