2009.02.19

「ガザからの電話」

Checkpoint 303という占領下のパレスチナで生まれたエクスペリメンタルな音楽ユニットの「Gaza Calling」は、今聞くと特に胸にずしりと来るものがある(来日していたときから注目していたけれど、関西ではやらなかったので、聞きにいけなかった)。その曲がYouTubeにあがっていたので、ここに。

Checkpoint 303のサイト

Gaza Calling
カテゴリー:コラム | コメント 1 件 

新しい記事へ → 最新ナブルス通信:「イスラエルの兵器はどこから来るのか」

村上春樹エルサレム賞受賞スピーチ (追加あり) ← 古い記事へ

トップページ

コメント/トラックバック 送信ページへ進む

■ コメント&トラックバック (1 件)

職人肌な音ですね

コメント by :な

どっかで聞いた名前だなと思ったら、パレスチナ音楽祭(フランスの文化政策の一環といっていいのか)の紹介映像で見たのでした。ぼくはスアド・マシという人を探してこのビデオにたどり着いたのですが、この303もいい感じでした。いかんせん映像が短すぎ。全部放映して、と思いました。

http://www.dailymotion.com/search/fete%252Bmusique%252Bgaza/video/x2lqyp_fete-de-la-musique-en-palestine_music

トラックバック from:

2009.02.19 (Thu) 09:50

コメント/トラックバック 送信ページへ進む