2009.02.18

村上春樹エルサレム賞受賞スピーチ (追加あり)

部分的に公開されていた(エルサレムポスト+AP)スピーチを翻訳してくださっていた方( 村上春樹のスピーチを訳してみた(要約時点)進化版Ver.3.0 [しあわせのかたち])の文章を読みながら、早く全文が読みたいと思っていたら、イスラエルのハアレツ紙が載せているのを教わった。

村上氏には悪いけれど、私は彼がイスラエルの地にあって、イスラエルの政治がうごめく舞台で、イスラエル批判をできるとは思っていなかった。比喩などを使ってぼやかしているものの、それをすることは並大抵のことではないと思う。だから、彼が逡巡したのち、そのことも含めて語ることを選んだことを素直に評価したいと思う。

「封鎖されたガザで1000人以上の、それも多くが子どもたちやお年寄などの非武装の人びとが命を失った」というときに、「自分がイスラエルに行き、賞を受けることは適切なことなのか、それは私が一方に肩入れし、圧倒的な軍事力を解き放つことを選んでいる国の政策に賛同するという印象をつくり出してしまうのではないか」としながらも、村上春樹は「それは自分が望む印象ではない。自分はいかなる戦争も認めないし、どんな国も支持しない」と述べている。

そして、天邪鬼だから多くの忠告に逆らい、自分の目で見て、実際に話すためにやってきたといい、壁と卵の比喩を語った。

「高く、硬い「壁」と、壁にぶつかると壊れる「卵」があるとき、私はいつも卵の側につきます」

「そう、どんなに壁が正しく、卵が間違っていたとしても、私は卵の側につきます。……どんな理由であれ、書いた作品が壁の側についている作家がいたとしたら、その作品にどんな価値があるというのでしょう?」

「この引喩の意味は何か? ある場合ではとても単純で明解です。爆弾犯、戦車、ロケット、そして白リン弾が高く硬い壁です。卵はそれらによって、押し潰され、焼かれ、撃たれる非武装の民間人です。これは引喩のひとつの意味です」

何をもって十分だと言えるのか、非常に難しいけれど、私はこの言葉が発されたことを同意とともに受け止める。

私たち一人ひとりが「壊れやすい殻に包まれた唯一の、かけがえのない魂」であり、それは多かれ少なかれ、高く硬い壁とぶつかりあうと村上春樹は言った。この壁は「システム」という名前であるとも。そして、「「システム」は私たちを保護するかのようでありながら、ときに私たち自身の命を奪い、他者の命も殺させる――冷酷に、効率的に、システマティックに。」

この部分は聞いていたイスラエル人には、非常に強く響いた部分だろうと思う。私だって無関係ではないが、イスラエルにあっては、これは目の前で起こっていることなのだから。

この「システム」に対する無力感を表しながらも、村上氏は「システム」に私たちが作られたのではなく、私たちが「システム」を作ったのだから、それは変えていけるはずだと強い信念を語った。

この言葉はとくに自国の政策に反対しているイスラエル人には、大きな励ましとなっただろう。それがしたくて、彼は行くことを選んだのではないかとさえ思った。

村上氏は自分の目で見て(おそらく本物の壁も見て)、言うべきことを伝えた。これを読んだ私たちが、自分に問いかける番がきたと私は思っている。「卵」を守るとして、私たちには何ができるのか。

(書きたいようなことは、 村上春樹、エルサレム賞授賞式でイスラエルを批判「村上春樹」を巡る政治 ともに[モジモジ君の日記。みたいな。]で詳細に書き尽くされちゃっているので、あまり言うことないです(笑)。こちらを御覧ください。)

ハアレツ紙の記事 はなくなってしまうことも多いので、とりあえずここにコピー。

追加09.2.18
このハアレツの全文を訳してくれているページがあったので、リンクをしておきます→ 村上春樹のエルサレム賞受賞スピーチ全文

Always on the side of the egg
By Haruki Murakami

I have come to Jerusalem today as a novelist, which is to say as a professional spinner of lies.

Of course, novelists are not the only ones who tell lies. Politicians do it, too, as we all know. Diplomats and military men tell their own kinds of lies on occasion, as do used car salesmen, butchers and builders. The lies of novelists differ from others, however, in that no one criticizes the novelist as immoral for telling them. Indeed, the bigger and better his lies and the more ingeniously he creates them, the more he is likely to be praised by the public and the critics. Why should that be?

My answer would be this: Namely, that by telling skillful lies - which is to say, by making up fictions that appear to be true - the novelist can bring a truth out to a new location and shine a new light on it. In most cases, it is virtually impossible to grasp a truth in its original form and depict it accurately. This is why we try to grab its tail by luring the truth from its hiding place, transferring it to a fictional location, and replacing it with a fictional form. In order to accomplish this, however, we first have to clarify where the truth lies within us. This is an important qualification for making up good lies.

Today, however, I have no intention of lying. I will try to be as honest as I can. There are a few days in the year when I do not engage in telling lies, and today happens to be one of them.

So let me tell you the truth. A fair number of people advised me not to come here to accept the Jerusalem Prize. Some even warned me they would instigate a boycott of my books if I came.

The reason for this, of course, was the fierce battle that was raging in Gaza. The UN reported that more than a thousand people had lost their lives in the blockaded Gaza City, many of them unarmed citizens - children and old people.

Any number of times after receiving notice of the award, I asked myself whether traveling to Israel at a time like this and accepting a literary prize was the proper thing to do, whether this would create the impression that I supported one side in the conflict, that I endorsed the policies of a nation that chose to unleash its overwhelming military power. This is an impression, of course, that I would not wish to give. I do not approve of any war, and I do not support any nation. Neither, of course, do I wish to see my books subjected to a boycott.

Finally, however, after careful consideration, I made up my mind to come here. One reason for my decision was that all too many people advised me not to do it. Perhaps, like many other novelists, I tend to do the exact opposite of what I am told. If people are telling me - and especially if they are warning me - "don't go there," "don't do that," I tend to want to "go there" and "do that." It's in my nature, you might say, as a novelist. Novelists are a special breed. They cannot genuinely trust anything they have not seen with their own eyes or touched with their own hands.

And that is why I am here. I chose to come here rather than stay away. I chose to see for myself rather than not to see. I chose to speak to you rather than to say nothing.

This is not to say that I am here to deliver a political message. To make judgments about right and wrong is one of the novelist's most important duties, of course.

It is left to each writer, however, to decide upon the form in which he or she will convey those judgments to others. I myself prefer to transform them into stories - stories that tend toward the surreal. Which is why I do not intend to stand before you today delivering a direct political message.

Please do, however, allow me to deliver one very personal message. It is something that I always keep in mind while I am writing fiction. I have never gone so far as to write it on a piece of paper and paste it to the wall: Rather, it is carved into the wall of my mind, and it goes something like this:

"Between a high, solid wall and an egg that breaks against it, I will always stand on the side of the egg."

Yes, no matter how right the wall may be and how wrong the egg, I will stand with the egg. Someone else will have to decide what is right and what is wrong; perhaps time or history will decide. If there were a novelist who, for whatever reason, wrote works standing with the wall, of what value would such works be?

What is the meaning of this metaphor? In some cases, it is all too simple and clear. Bombers and tanks and rockets and white phosphorus shells are that high, solid wall. The eggs are the unarmed civilians who are crushed and burned and shot by them. This is one meaning of the metaphor.

This is not all, though. It carries a deeper meaning. Think of it this way. Each of us is, more or less, an egg. Each of us is a unique, irreplaceable soul enclosed in a fragile shell. This is true of me, and it is true of each of you. And each of us, to a greater or lesser degree, is confronting a high, solid wall. The wall has a name: It is The System. The System is supposed to protect us, but sometimes it takes on a life of its own, and then it begins to kill us and cause us to kill others - coldly, efficiently, systematically.

I have only one reason to write novels, and that is to bring the dignity of the individual soul to the surface and shine a light upon it. The purpose of a story is to sound an alarm, to keep a light trained on The System in order to prevent it from tangling our souls in its web and demeaning them. I fully believe it is the novelist's job to keep trying to clarify the uniqueness of each individual soul by writing stories - stories of life and death, stories of love, stories that make people cry and quake with fear and shake with laughter. This is why we go on, day after day, concocting fictions with utter seriousness.

My father died last year at the age of 90. He was a retired teacher and a part-time Buddhist priest. When he was in graduate school, he was drafted into the army and sent to fight in China. As a child born after the war, I used to see him every morning before breakfast offering up long, deeply-felt prayers at the Buddhist altar in our house. One time I asked him why he did this, and he told me he was praying for the people who had died in the war.

He was praying for all the people who died, he said, both ally and enemy alike. Staring at his back as he knelt at the altar, I seemed to feel the shadow of death hovering around him.

My father died, and with him he took his memories, memories that I can never know. But the presence of death that lurked about him remains in my own memory. It is one of the few things I carry on from him, and one of the most important.

I have only one thing I hope to convey to you today. We are all human beings, individuals transcending nationality and race and religion, fragile eggs faced with a solid wall called The System. To all appearances, we have no hope of winning. The wall is too high, too strong - and too cold. If we have any hope of victory at all, it will have to come from our believing in the utter uniqueness and irreplaceability of our own and others' souls and from the warmth we gain by joining souls together.

Take a moment to think about this. Each of us possesses a tangible, living soul. The System has no such thing. We must not allow The System to exploit us. We must not allow The System to take on a life of its own. The System did not make us: We made The System.

That is all I have to say to you.

I am grateful to have been awarded the Jerusalem Prize. I am grateful that my books are being read by people in many parts of the world. And I am glad to have had the opportunity to speak to you here today.

カテゴリー:コラム | コメント 8 件 

新しい記事へ → 「ガザからの電話」

Open Letter to Haruki Murakami about his Jerusalem Prize ← 古い記事へ

トップページ

コメント/トラックバック 送信ページへ進む

■ コメント&トラックバック (8 件)

あらためて、村上氏のエルサレム賞受賞について

コメント by :

トラックバック from:弱い文明

2009.02.18 (Wed) 02:19

ハマスとイスラエル/絶望と希望のはざまで・ガザ停戦

コメント by :ysbee

ガザ地区のハマス政権、エジプトの仲介でイスラエルとの1年半の停戦協定を承諾
和平交渉役エジプトは、国境再開・捕虜交換・左岸とのパレスチナ統一政権を提案

昨年暮れのイスラエルのガザ侵攻以来、3週間の戦闘期間、米流時評でも連載で米国の記事・情報を翻訳してお伝えしてきた。空爆や戦車からの砲撃の凄まじさは、写真で見るだけでも壊滅的だった。ましてや、目の前で親兄弟・子供を惨殺されたパレスチナ人の悲しみは、凡人の思いの及ぶところではない。………

トラックバック from:米流時評

2009.02.18 (Wed) 10:42

お疲れさまでした

コメント by :米流時評

Pさま、以前からTBを送らせていただいております。

今日の拙ブログのエントリで、こちらの一連の村上春樹への手紙の記事を
紹介させていただきました。

村上氏が決意を固めてエルサレムを訪れただろうことは、
彼のスピーチからも充分に汲み取れます。
きっと貴ブログの呼びかけと、賛同者の方々の思いが、
村上氏に伝わって、心を動かした部分があると信じます。
氏もスピーチの中で触れておられましたね。

これからも、貴重なパレスチナ情報を、発信し続けていってください。
世界へ向けてのメディアの少ない、ガザのひとびとのために。

掲載エントリ「村上春樹とイスラエル」
http://beiryu2.exblog.jp/9361605/

トラックバック from:

2009.02.19 (Thu) 15:27

村上春樹氏のエルサレムでの「卵と壁」スピーチ関連をまとめてみた

コメント by :hoko

本日付の往診でリンクを張らせていただきました。
よろしくお願いします。

トラックバック from:情報管理LOG

2009.02.20 (Fri) 17:52

「投げられた卵」村上春樹とイスラエル-2

コメント by :ysbee

.....私たち作家の嘘と彼らの嘘との違いは、
作家の嘘は真実をもたらすことを助けるということです。
真実の全てをはっきりさせることは難しいことです。
だから作家はそれをフィクションの分野へと置き換えるのです。
しかし、はじめに、私たち作家は、
自分の中のどこに真実があるのか、はっきりさせなければなりません。......

トラックバック from:米流時評

2009.02.21 (Sat) 14:21

ご質問

コメント by :hmuz

何年か前からナブルス通信を読ませて頂いています。今回村上氏とエルサレム賞を巡って(私自身は村上文学にあまり関心をもてない者なのですが)気になっていろいろな方のプログを見ていました。その中でどなたも問題にしていらっしゃらないようなのですがどうしても疑問に思うことがあり、あちらの事情にお詳しいPさんにご質問させて下さい。村上氏はとエルサレムに来ることを選択した理由として(あまのじゃく云々はおくとして)小説家として「自分で見て」「自分で語る」ことを選んだ、と語っていました。「自分で見て」というのなら、ガザかとにかくどこかパレスチナの方にも足を運ぶのかと思っていました(それまでは、スピーチだけでは一定以上の評価はできないように感じていました)。でもそんな続報はこれまで聞きません。もしも本当にエルサレムだけしか訪れないでアメリカに帰ったのなら、小説家として「自分の目で見る」ことを大事にしたなどと言えるのか---文学者(あるいは知識人?)の基本姿勢の問題として、疑問を消せないのですが、Pさんはどうお考えでしょうか?あちらの情勢として、エルサレム賞を受賞しておいてパレスチナまで、ガザまで「自分で見に」ゆくのはそんなに難しいことなのでしょうか?

トラックバック from:

2009.02.23 (Mon) 11:47

再び村上春樹のスピーチ09.2.15@エルサレムについて

コメント by :Eleutheria

はじめまして。このたびはHAARETZ紙サイトに掲載された記事をご紹介いただき、ありがとうございました! 共同通信長谷川特派員による録音の文字起こし記事が「47NEWS」に出ているので、拙ブログ(←ブログ初心者で、まだうまく操作できないのですが……)にて、それとの異同に注目しました。

トラックバック from:堀茂樹のブログ、あるいは不敬の義務

2009.02.23 (Mon) 14:34

hmuzさんへ

コメント by :ビー

(すみません、体力不足などでほとんどレスできていませんが、hmuzさんはご質問ということなので、簡単にレスさせていただきます)。

hmuzさん、P-naviのビーです。(ややこしいですね)

実際に個人がガザに入ることはほとんど無理です。記者証を持っていれば別ですが、村上さんじゃでないでしょう。ただ、西岸には簡単に行くことができます。また、西岸に行かなくても、東エルサレムだけでも隔離壁や検問所や入植地や難民キャンプを見ることはできます。

で、村上氏がどうしたのかということは、本人も特に言わないし、報道もないし、私たちにはわからないことなんですよね。言わなかったり、報道されなかったことが行かなかったこととはなりませんから。そのうち、ご本人が何らかの形で明かしてくれるのを待つしかないでしょう。今、私に言えるのはそんなところくらいです。

トラックバック from:

2009.02.24 (Tue) 00:32

コメント/トラックバック 送信ページへ進む