2009.01.14

雑記:今日のTBSの報道はいい事を言っていた

ガザ攻撃18日目の13日は朝日新聞によると、こんな感じらしい。

【エルサレム=井上道夫】「イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザへの攻撃は13日も続いた。先月27日の攻撃開始からの死者数は、AFP通信によると930人、負傷者は4200人に達した。

 イスラエル軍は、「テロリストが爆弾を仕掛けていた」として、ガザ最大の人口密集地、ガザ市周辺を空爆。また「テロリストがイスラエル軍攻撃のために集まっていた」としてホテルやモスクなどを標的に、13日午前までにガザ全土で60カ所以上を空爆した。

 ガザからの情報によると、ハマスもイスラエル軍の地上部隊を狙い、迫撃砲や対戦車砲で応戦。銃撃戦も起きた。」( イスラエル軍、ガザ市包囲 死者930人に

これ、誰が見て書いたの?ガザにはメディア(外国の)は入れないから伝聞なんだろうけど、「迫撃砲や対戦車砲で応戦」というのを見てみたい。いったい、どんなすごいものをハマスは持っているのかしら。(ロケット弾だって手作りなのに)。

それに比べて、TBSのNews23は、ガザのジャーナリストからの映像を使い、自分たちは中に入れないことをはっきりさせて報道していて、筋の通ったものだった。

写真では見ていたけれど、動画で見るガザの建物の崩れ落ちた様子が続くさまには言葉を失った。ロシア軍に徹底的に破壊されたチェチェンの首都・グローズヌイの姿と重なるものがあった。午前だけで60回もの爆撃がなされているのだから、日を追うごとに街はかつての姿を失っていくのだろう。

いつまで見られるか、わからないけれど、13日のNews23の映像リンクを。

ガザ独自映像、戦禍の中で生きる人々

「「イスラエル政府が発行している記者証を持っている私でも一切、今、ガザの内部に入ることはできません」(記者)

 外国メディアがガザに立ち入ることは、今もできません。そんな中でガザ内部の現状を伝えられるのは、パレスチナ人ジャーナリストたちです。」(この後、破壊された街の様子や人びとのインタビューが入る)

「攻撃停止時間」終了時、ガザ境界は

「イスラエル国内では今回の攻撃について9割以上の人が賛成しているそうですが、こちらでイスラエルのテレビ報道を見ていますと、国際的な被害をよそに、いまだにハマスが発射するロケット弾の攻撃の被害やイスラエル軍への従軍ビデオなどが繰り返し流されています。

 ガザでおよそ1000人の死者が出ているというあまりに多い事実よりも、例えば、今ハマスを止めなければ大変なことになるといったような脅威ばかりがあおられている、そういった印象です。

 これまで何度か取材でガザに入ったことがありますが、少なくとも言えるのは、これまでハマスが発射しているロケット弾というのは手作りです。一方のイスラエルは、世界でも有数の軍事力を持つ国家です。

 この圧倒的な力の差がガザでの余りの惨状を生んでいる、これを直視する意見は残念ながらあまり聞かれません。」(上記より、強調は引用者による)

この力の非対称な点をきちんと語った報道に初めて接した気がする。こういう事実をマスメディアは報道してほしい。TBSには激励の声を届けたいという気がした。

「11日の午前3時、イスラエルの戦闘機はガザ南部のラファ北東にある孤児のためのダル・アル・ファディラ協会の建物を爆撃。ここには学校、短大、コンピューター・センターとモスクがあった。建物のいくつかは完全に倒壊し、他は構造的なダメージを負った。ここで学んでいた子どもは500人。」という記事をISM(国際連帯運動)のメール速報で読む(UNRWA emergency shelters and bombed schoolsより)。イスラエルはガザ社会そのものの破壊をしているとしか思えない。


(今日はお茶を家族で飲んでいて爆撃された一家の話などを書きたかったのですが、今、猛烈に眠くて難しいようです。なんとか明日には、、、。長らくここに書けなかった時期があり、今も変わらず、心身ともにそう元気ではないのですが、怒りアドレナリンが出ているとみえ、自然とここに書けるようになりました。でも、ガス欠みたいになったりします。)

とても重要な情報: 速報:2月のイスラエル総選挙にアラブ政党参加禁止! [パレスチナ情報センター、Hot topics、早尾貴紀]

カテゴリー:コラム | コメント 3 件 

新しい記事へ → 【京都】三条でのガザ虐殺に抗議する街頭アピール18日

ガザ攻撃17日目 虐殺は続いている ← 古い記事へ

トップページ

コメント/トラックバック 送信ページへ進む

■ コメント&トラックバック (3 件)

「朝日」の報道はとにかくひどい

コメント by :koi

私もイスラエルのガザ攻撃に腹の底からの怒りを覚えるものの一人です。
もう多くの方々が思っていることと思いますが、「朝日」のデタラメぶりは目に余るものがあります。
1月6日付朝刊2面の解説記事など噴飯ものです。第一次インティファーダはハマスが組織したものだ、といったことが書かれています。どうしてこんなデタラメが書けるのだろうかと思いました。
とにかくハマス憎しという印象を植え付けるために書かれたのではないかという感じがします。

トラックバック from:

2009.01.14 (Wed) 18:43

はじめまして

コメント by :ふくろう

以前からパレスチナのことはこちらでよく読ませていただいています

今回のガザ攻撃の件でも記事アップ有難うございます

体調が優れない中での記事作成感謝いたします

トラックバック from:

2009.01.14 (Wed) 23:41

コメント by :このわた

>「迫撃砲や対戦車砲で応戦」

低強度紛争地の定番ですよ。そんなすごいものではないです。
トンネル使うなりなんなりして密輸したんでしょうね。

トラックバック from:

2009.01.17 (Sat) 00:35

コメント/トラックバック 送信ページへ進む